ANA国内線サービス(新シート、機内食・お飲み物など)を2012年6月よりリニューアルします

ANAでは、お客様に選ばれ選ばれ続けるエアライングループを目指し、プロダクト・サービスブランド「Inspiration of Japan」のコンセプトのもと2012年6月1日(金)より国内線サービスをリニューアルさせていただくことになりました。

【6月から順次導入される「プレミアムクラス」「普通席」の新シート】

 

4月11日(水)の午後、ANAインターコンチネンタルホテル東京にて、マスコミ関係者を対象した国内線サービスリニューアル発表会を開催いたしました。

【4月11日(水)の午後、都内ホテルで国内線サービスリニューアル発表会を開催しました。写真右は挨拶するANA伊東信一郎社長】

 

「プレミアムクラス」「普通席」共にリニューアルいたしますが、主なリニューアル点は以下の通りです。

■プレミアムクラス

●機内食
「プレミアムクラス」では、6月より朝食・昼食・夕食の時間帯のメニューを「Premium GOZEN」(プレミアム御膳)それ以外の時間帯のメニューを「Premium SABO」(プレミアム茶房)としてご用意させていただきます。

特に「Premium SABO」(プレミアム茶房)対象便となる、9:01~11:29に出発する便(一部の出発便では「Premium GOZEN」)、13:01~16:59に出発する便では、現在のスープやお茶菓子を中心としたサービスに代え、軽食メニューをご提供させていただきます。6月~11月の羽田・伊丹・札幌・福岡からの出発便については、「マンダリン オリエンタル 東京」監修のコラボレーションメニューをご提供いたします。その他の空港からの出発便では、郷土食・季節感のあるスイーツ、おつまみなどをバランスよくご用意いたしました。

【「Premium SABO」。6月~11月の羽田・伊丹・札幌・福岡からの出発便では、「マンダリン オリエンタル 東京」監修のコラボレーションメニューをお楽しみください】

 

 「Premium GOZEN」(プレミアム御膳)においては、羽田・札幌発便の2012年6月~8月、12月~2013年2月については「銀座 小十(こじゅう)」、伊丹・福岡発便の2012年6月~8月、12月~2013年2月については「祇園 さゝ木」のコラボレーションメニューをご提供させていただきます。その他の空港からの出発便では、地方色豊かな旬の食材を使った目にも楽しいお食事をお楽しみいただけます。機内食については改めて当ブログ記事でご紹介いたします。※一部の飛行時間の短い路線では茶菓をご用意します

【「銀座 小十(こじゅう)」「祇園 さゝ木」の「Premium GOZEN」(プレミアム御膳)】

 

 ●お飲み物
お飲み物については、「ANA My Choice(国内線・有料メニュー)」でご好評いただいている「スターバックス ドリップ コーヒー ハウスブレンド for ANA」を6月以降、プレミアムクラスで無料にてご提供いたします。お食事・軽食とともに、充実のドリンクメニューをお楽しみください。

【スターバックスのドリップコーヒーを「プレミアムクラス」では無料でお飲みいただけます】

 

●シート
2012年4月下旬以降に受領予定のボーイング777-200ER新造機(国内線仕様)より、新シートを導入いたします。新シートは、ANAのプロダクト・サービスブランドに基づく洗練されたデザインとなっております。

【6月から導入される新しい「プレミアムクラス」シート】

特徴としては、リクライニングの最大傾斜角度が座面に対して約130度となり、国内最大級となっております。また、座席がスライドしながら背もたれが傾斜するため、後のお客様を気にせずリクライニングができます。また、ANA国内線では初めて本革素材を採用すると共に、体が滑りにくい工夫をしてあります。その他にも、お客様のご要望にお応えし、従来比130%の大型テーブル、明るく開放感ある仕切り板の設置、離着陸時にもご利用いただける小物入れ、USB充電ポートを設置させていただきます。また、PC電源もご利用いただけます。

新しい「プレミアムクラス」シートは、2012年度は2機導入予定で、5月中旬に就航する予定です。6月1日現在では1機の就航予定です。(現在 国内線に就航している他の機材につきましても、今後の機材計画に合わせ段階的に新シートへ改修する予定です)

 【ANA国内線では初めて本革シートを導入。USBポートやシート電源も装着。リクライニングも130度まで倒せます。】

 

●ラウンジ
各地のラウンジをリニューアルし、多頻度会員のお客様に加え、プレミアムクラスのお客様にも対象を拡大してご提供いたします。2012年2月を皮切りに、すでにリニューアルオープンし、プレミアムクラスのお客様へご提供している沖縄・鹿児島・熊本に加え、国内各地のラウンジを「ANA LOUNGE」としてリニューアルしたのち、プレミアムクラスのお客様に提供いたします。

【羽田空港の「ANA LOUNGE」】

 

■普通席

●お飲み物
これまでの無料でご提供するお飲み物に、6月より「ANA’s ORIGINAL COFFEE ~大空と自然の恵み~」として、アートコーヒーとの共同開発により、ペルー・アンデス山脈の高地産の豆と、稀少とされるブラジル産ブルボン種豆などをブレンドし、香りの豊かさと、バランスよく丸みのある味わいを楽しめるおいしいコーヒーを無料でご提供いたします。機内ではドリップコーヒーでご提供いたします(一部の機材・便では、種類の異なるインスタントコーヒーでの提供となります)。また、郷土色豊かな有料メニュー「ANA My Choice」を引き続き販売いたします。

【普通席ではコーヒーをはじめ、緑茶(温かい・冷たい)・アップルジュース・ミネラルウォーター・アイスコーヒー(7月~9月)を無料でご提供いたします。有料メニュー「ANA My Choice」も多彩なメニューをご用意】

 

●シート
座席の足元の構造を工夫することで、膝前の体感で+約3センチ拡大、薄型背もたれの採用により、目線の体感が+約2センチ拡大するなど、従来より広い空間を確保しました。また鮮やかな色合いの市松模様を採用することで、機内がより明るいイメージになります。

【新しい普通席のシート。足元が従来よりも広くなったことを体感していただけるシートになっております】

 

 なお詳細につきましてはプレスリリースhttp://www.ana.co.jp/pr/12_0406/12a-004.html)よりご覧いただけます。

これまで以上に徹底してお客様にこだわり、ANAブランドをさらに磨き上げ、いつ出会っても新しい発見や心ときめかせる体験を商品やサービスで実現するとともに、ますます高品質なサービスを目指してまいります。どうぞご期待ください。

「ANAわかりやすいニュース配信」解説者 鳥海高太朗